保証協会の保証を利用できる業種が拡充されます

2020年05月14日

以下の事業を行う中小企業者について、令和2年5月15日保証申込受付分より保証協会の保証利用が可能となります。

 

【保証利用が可能となる業種】

・キャバレー、待合、料理店、カフェー等(風営法第2条第1項第1号)(※1)(※2)

・低照度のバー・喫茶店(風営法第2条第1項第2号)(※1)(※2)

・区画席のバー・喫茶店(風営法第2条第1項第3号)(※1)(※2)

・ぱちんこ屋(風営法第2条第1項第4号)(※1)(※2)

・スロットマシン場(風営法第2条第1項第5号)(※1)(※2)

・ダーツバー(風営法第2条第1項第5号)(※1)(※2)

・興信所

・易断所、観相業、相場案内業(けい線業)

・競輪・競馬等の競走場、競技団

・場外馬券売場、場外車券売場、競輪・競馬等予想業

・その他の遊戯場

・芸妓業(置屋及び検番を除く。)、芸妓周旋業

 

(※1)公序良俗に反するなど社会的に批判を受けるおそれがあるものは対象外です。

(※2)保証利用の際には、風営法に係る許可(写)の提出をお願いします。

 

以下の整理表もご参照ください。

信用保険対象外業種の変更についての整理表のサムネイル